《深イイ話》アルコール依存症からの肝硬変(病気)で余命宣告された演歌歌手・牧村三枝子が奇跡の生還を果たしたきっかけとは?

※人生が変わる1分間の深イイ話 2013年8月12日放送分より

今回は巷で話題の最新医療&健康法スペシャル。

演歌歌手の牧村三枝子(59歳)は、
18歳の時「少女は大人になりました」で歌手デビュー。

「みちづれ」は100万枚以上売れ、
演歌史上に残る大ヒットを記録した。

その後4年連続で紅白出場も果たしていた。

しかし順風満帆だった牧村三枝子を、
重度の肝硬変(病気)が突然襲った。

肝硬変とはアルコールの多量摂取などが原因で、
引き起こされる、
肝臓本来の働きである体内解毒が十分に出来なくなり、
最悪の場合死に至ることもある病気である

牧村三枝子が肝硬変になったのは2002年。
最愛の父の死がきっかけだったという。

一番の応援者だった父を失い、
牧村三枝子は歌う意欲を失ってしまい、
心の隙間を埋める為に、
酒に溺れていき、
重度のアルコール依存症となってしまった。

当時、牧村三枝子の体重は35キロにまで激減していた。

そして牧村三枝子はついに緊急入院し、
医師から余命は5年であると宣告された。

牧村三枝子は肺に3リットルの水が貯まるという、
肝硬変の末期症状になっており、
いつ命を落としてもおかしくない危機的状況になっていた。

牧村三枝子は体だけでなく心もボロボロで、
治療する気力どころか生きる気力すら失っていた。

しかし、牧村三枝子はある事がきっかけで、
治療に専念するようになり、
奇跡的な生還を果たしたという。

そのきっかけとは、
小林幸子、山本譲二、細川たかし、北島三郎ら、
演歌界の仲間達から送られてきた、
応援メッセージだったという。

このメッセージを聞き、
牧村三枝子はまた歌おうという意志を取り戻したことを語った。

《もうちょっと調べてみた&所感》

スタジオで、
森田豊医師が解説していたことですが、
お酒を飲んですぐ顔が赤くなるという人は、
元々遺伝的にお酒を分解する酵素がないそうです。

そして日本人の約4割が、
このお酒を分解する酵素を有しておらず、
にも関わらず、
飲酒を継続していると食道がんのリスクが、
何倍にも膨れ上がってしまうようですよ。

また、
「お酒を飲めば飲むほど強くなる」
と都市伝説的な話を耳にすることがあると思いますが、
それも全くのデタラメで、
お酒に弱い人は結局がんのリスクだけを高めるので、
連日の飲酒を繰り返す等の行為は止めておいた方が良いでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《深イイ話》アルコール依存症からの肝硬変(病気)で余命宣告された演歌歌手・牧村三枝子が奇跡の生還を果たしたきっかけとは?”

  1. Title

    […]please go to the web pages we follow, which includes this 1, because it represents our picks in the web[…]

  2. refund policy より:

    Title

    […]just beneath, are numerous totally not related websites to ours, however, they’re certainly worth going over[…]

  3. Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine a few unrelated information, nonetheless genuinely worth taking a search, whoa did a single find out about Mid East has got extra problerms also […]

  4. Title

    […]Sites of interest we’ve a link to[…]

  5. Title

    […]The facts talked about within the report are a few of the ideal obtainable […]

  6. Title

    […]that could be the end of this write-up. Here you’ll discover some sites that we assume you’ll value, just click the links over[…]

  7. Wall Tapestry より:

    Title

    […]check beneath, are some completely unrelated web-sites to ours, on the other hand, they are most trustworthy sources that we use[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ