世界一受けたい授業|ピエール・マルコリーニ・山椒入り生チョコレートのレシピ・作り方・調理法

※世界一受けたい授業 2013年11月9日放送分より

今回は世界に誇れるNIPPONスペシャル。

お家で簡単に出来る
チョコレートマル秘レシピ

チョコレートの本場、
ベルギーのグラン・サブロン広場。

わずか100mの間に、
ゴディバやヴィタメールなど、
有名なチョコ専門店が8店舗も軒を連ねる、
まさにチョコレートの聖地である。

その激戦地で、
高い評価を得ている人物が、
世界一のチョコレート職人である、
ピエール・マルコリーニ先生である。

今回は親日家のピエール先生が、
日本の食材を使用して、
生チョコレートを家で美味しくする、

前回は「チョコレートの美味しい食べ方」の記事に記載。

日本の調味料「山椒」を使った
生チョコレートマル秘レシピ
「山椒入り生チョコレート」

生チョコレートの発祥は実は日本である。

1988年に神奈川県・平塚市にある、
「シルスマリア」のパティシエが考案した。

そしてピエール先生は、
日本のある調味料を使って、
生チョコレートの風味をより引き立たたせる事を明かす。

その調味料とは「山椒」である。

その作り方は、

  • 水あめ:8g
  • 砂糖:35g
  • 生クリーム:180g
  • 山椒:1g
  • バター:60g

といった材料をまず用意する。

水アメと砂糖を溶かした所に、
生クリームを加え優しく混ぜる。

そしてその後、
山椒を加える。

次にそれを、
溶かしたチョコレートに、
少しずつ注いでいく。

そしてよく混ぜると、
段々と滑らかになってくる。

次にそれにバターを加え、
ハンドミキサーでよく混ぜる。

その後それを、
クッキングシートを敷いたバットに流し入れる。

冷蔵庫にそれを2時間ほど寝かせれば、
生チョコレートは完成である。

後はそれをナイフで切って、
ココアパウダーをまぶして食す。

ちなみにこの「山椒入り生チョコレート」は、
ベルギーでも評判が高かったという。

続きは「ほうじ茶チョコレートドリンク」の記事に記載。

レビュー

山椒(サンショウ)というと、
スイーツとは無縁そうではありますが、
意外や意外、
チョコレートと合うらしいです。

非常に勇気のいるレシピではありますが、
世界的なパティシエがオススメする作り方なので、
味は間違いないのでしょう。

作り方自体は決して難しくないので、
ご家庭で試してみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ