《深イイ話》大動脈解離という病気で死の淵から生還した加藤茶が助かった理由とは?良いかかりつけ医の見つけ方って?

※人生が変わる1分間の深イイ話 2013年8月12日放送分より

今回は巷で話題の最新医療&健康法スペシャル。

加藤茶(70歳)は、
2006年に大動脈解離を発症し、
手術を行った。

大動脈解離とは、
心臓から全身に血液を送る大動脈の壁に亀裂が入り、
外側の壁との間に血液が流れ込み2つに裂く病気である。

脳や心臓に枝分かれしている、
この血管が塞がれると、
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こし。
更に外側の壁が破裂すると死に至る病気である。

発症から1時間経過するごとに、
死亡率は1~2%ずつ増加し、
48時間以内に約50%が死亡する恐ろしい病である。

加藤茶はこの病気で、
入院から2週間生死の間をさまよったという。

加藤茶はこの病気を治す為に、
極めて難易度の高い手術を決行。

それは人工心肺をつけて心臓を約3時間停止させ、
大動脈の一部を人工血管に置き換えるというものであった。

手術は10時間に及び、
加藤茶は奇跡的な生還を遂げた。

加藤茶は自身が大動脈解離から助かった理由として、
信頼出来るかかりつけの医者がいたことを挙げた。

実は大動脈解離は診断が難しく、
病院でも見逃されてしまうケースが多いという。

20年来の加藤のかかりつけ医は、
加藤の異変を見逃さず、
すぐに精密検査が行われ、
その結果、この大動脈解離が発見され、
加藤は緊急搬送されることとなった。

《もうちょっと調べてみた&所感》

この話に関しては、
スタジオに友利新医師が、
かかりつけ医がいることの重要性を説いていました。

何度も、
その人を診ているかかりつけ医の存在というのは、
確かに一見見逃しやすい大病を見つける、
手助けになるのかもしれません。

また良いかかりつけ医の見つけ方として、
大病だとわかったら、
すぐに関連の大学病院を紹介できるような、
医師が良いことが明かされておりました。

となりますと、
大学病院の系列のクリニック等を、
かかりつけにすれば良いということになりますね。

また、
仮に医師が変わったとしても、
同じ病院(クリニック)であれば、
きちんとこれまでの診断内容がカルテに残っているので、
大丈夫であることも説明されておりました。

つまり、
かかりつけ医を見つけるというよりも、
信頼出来るかかりつけの病院(クリニック)を、
見つけるということが重要なのかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

3 Responses to “《深イイ話》大動脈解離という病気で死の淵から生還した加藤茶が助かった理由とは?良いかかりつけ医の見つけ方って?”

  1. Title

    […]we prefer to honor a lot of other world wide web web-sites on the internet, even when they aren’t linked to us, by linking to them. Underneath are some webpages worth checking out[…]

  2. Title

    […]here are some hyperlinks to sites that we link to because we believe they are worth visiting[…]

  3. asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]please visit the web pages we stick to, including this one particular, because it represents our picks through the web[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ