有吉ゼミ|父・三遊亭円楽の親バカぶり!息子・会一太郎の暮らしぶり!親のツケで高級すき焼き&ハワイに40回

※有吉ゼミ 2013年11月25日放送分より

親バカ芸能人No.1を決定!

大物芸能人を親に持つ2世芸能人を徹底調査。

甘やかされた驚きの私生活が暴露される。

三遊亭円楽の息子・会一太郎25歳
親のツケで高級すき焼き&ハワイに40回

2世芸能人の会一太郎25歳の父親は、
笑点きっての毒舌家・6代目三遊亭円楽

その息子である会一太郎は落語家ではなく、
人気アニメハンターハンターや、
カイジに出演する声優である。

しかし残念ながら30分に2言しゃべるだけの脇役。

まだまだ駆け出しの会一太郎が稼ぐ月収は16万円。

しかし、
歌丸には厳しい三遊亭円楽だが、
息子には甘く、
会一太郎はお金には不自由しない生活を、
送っているという。

三遊亭円楽の2世 会一太郎の暮らしぶりとは?

会一太郎の暮らしぶりをしるべく、
1日に密着する。

会一太郎はいきなり、
スポーツカー「mazda RX-8」で登場。

月収16万にも関わらず、
なかなかの羽振りの良さである。

この日、会一太郎が最初に向かったのは、
銀座にある創業66年のすき焼店「らん月」。

すき焼きやステーキには、
A5ランクの黒毛和牛のみを使用。

一流料理人が腕をふるう一流料理を提供するここが、
円楽家の行きつけである。

この日は1人前7000円のすき焼きを注文。

店員さんがつきっきりで、
お好みの加減で焼いてくれる。

会一太郎は物心がつく前から、
この高級すき焼き店を訪れている事を明かした。

更に会一太郎は学生時代、
金もないのに、
父・三遊亭円楽のツケで、
ふらっと立ち寄り食べていた事が明かされた。

そんな会一太郎は今も実家暮らし。

自宅は都内にある50坪、3階建ての豪邸。

会一太郎の部屋には、
謎の近未来型マシンがあった。

実はこれはパソコンゲームを快適にする為だけの装置

本人曰く、
お値段は100万円近くするという。

また高校生まで、
毎年2回家族でハワイ旅行をしており、
40回近くもハワイ旅行を経験している事が明かされた。

しかも飛行機はビジネスクラスで、
往復料金は1人約70万円である。

つまり会一太郎の飛行機代だけで、
約2800万円かかっている親バカぶり。

更に会一太郎の20歳の誕生日には、
父・三遊亭円楽から、
ロレックスの腕時計がプレゼントされていた。

会一太郎は父・三遊亭円楽を、
世間の一般家庭よりよっぽど親バカで、
マンションをねだれば買ってくれるとコメント。

ちなみに、
会一太郎はお小遣い制ではなく、
三遊亭円楽に物を買って欲しい時は、
プレゼンをして、
その物がなぜ欲しいのか説明を求められる事を明かした。

そんな会一太郎の目標は、
父に頼らず声優で生計を立てていく事であるという。

息子を甘やかしすぎ!?
三遊亭円楽に有吉弘行が説教!

有吉弘行が直接、
三遊亭円楽に質問した所、
三遊亭円楽自身は、
自分が親バカであるという認識はなかった。

三遊亭円楽曰く、
組織というのはトップが獲得果実をとってきて、
それを分け与えるのが使命なので、
組織論であり、
甘やかしている訳ではないという。

レビュー

これだけ色々と自由な暮らし出来たら、
毎日楽しそうですね。

日々の食費を己の身を削って働いた賃金で、
まかなっている人にとっては、
なんとも腹立たしく感じるかもしれませんが、
親や生まれもある意味才能の一つ。

そこを割りきって、
日々の生活に精進していきましょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ