有吉弘行のダレトク|商品No.5「魯山人納豆鉢」ダレトクショッピング・東急ハンズのダレトク!?

※有吉弘行のダレトク!? 2014年7月1日放送分より

世の中にはデマが溢れかえっている。

そんなデマをあぶり出し、
人類を正しい道へ誘う。

ダレトクショッピング
東急ハンズのダレトク!?

東急ハンズといえば、
実に15万点以上もの商品が置かれた、
大きな店で、
大人気グッズが多数取り揃えられている。

しかし、
そんな東急ハンズの中には、
そんな物誰が買うんだという、
ダレトクな商品が、
しれっとあったりする。

今回はそんなダレトクな商品を紹介。

前回は「こけし型LED懐中電灯」の記事に掲載。

商品No.5「魯山人納豆鉢」

商品No.5「魯山人納豆鉢」。

かの美食家・魯山人は言った。

糸を出せば出すほど納豆はおいしくなるのだから、
極力練りかえすべきである。

しかし、
実際にやろうとすると面倒くさいし、
手は疲れる。

そこで魯山人が愛した、
究極の納豆が簡単に作れるのがこの商品・アイテムである。

納豆を容器に入れて蓋をしたら、
あとはハンドルをクルクルと回すだけ。

すると中のヘラが回転し、
ひと回しで通常の2倍混ぜる事が可能。

更に小窓が回している人を応援。

これで進捗具合が分かり、
醤油入れのタイミングとされる305回転までくると、
扉が自動開放。

醤油入れのベストタイミングが分かる。

後はひたすら回し、
小窓に「完」の文字が出たら、
伝説の美食家・魯山人の納豆が完成する。

納豆の糸が無くなり、
トロミがつくるのが美味しさの秘訣。

実験で、
合計424回混ぜる事で、
9%にコクが増すことを実証されている。

続きは「マングルーマー」の記事に記載。

レビュー

なるほど、
ごちゃごちゃ説明されましたが、
要は納豆を一番美味しく食べられる様に、
簡単に回転数を調節してくれるグッズという事ですね。

しかし、
納豆にこだわりのある人にとっては、
重宝され、
需要あるグッズになるかもしれませんが、
手軽な食品である代名詞の納豆に、
ここまで手の込んだ作業をする事を、
面倒臭がる人も多いでしょう。

ニーズがあるのかないのか、
意見分かれる商品だとは思いますが、
究極に美味しい納豆を所望される方にあっては、
チェックしてみても良いかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ