ジョブチューン|子どもが嫌いな食べ物をごまかして与えるのは良くない

※ジョブチューン 2014年6月14日放送分より

今回は、
衝撃の医師・医者ぶっちゃけスペシャル。

日本の名医達によって、
病気に関する常識がくつがえされる。

子どもが嫌いな食べ物を
ごまかして与えるのは良くない

小児科医の水野克己によると、
野菜の嫌いな子供向けに、
なんとか食べさせたいと、
細かく刻んで料理の中に入れてあげたりするが、
このようなごまかす行為は、
基本的にやらない方が良いという。

要するに、
ごまかして、
気付かれないように食べさせても、
その物を食べている事にはならない。

つまり、
理解して食べないと、
好き嫌いはなくならないのである。

レビュー

確かにごまかしごまかし、
子供に嫌いな物を食べさせても、
栄養素は摂れているかもしれませんが、
根本的な好き嫌いの解決にはなっていませんよね。

好き嫌いを解消させる為には、
きちんと、
その食材が入っている事を、
伝えてあげる事が重要という事ですね。

特に人の食べ物の好き嫌いは、
幼少期の食生活が、
大きく関係してくると言われているので、
気を付けたいポイントですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ