ジョブチューン|おしゃぶりを使用し続けると中耳炎になり易くなる

※ジョブチューン 2014年6月14日放送分より

今回は、
衝撃の医師・医者ぶっちゃけスペシャル。

日本の名医達によって、
病気に関する常識がくつがえされる。

おしゃぶりを使用し続けると中耳炎になり易くなる

小児科医の水野克己によると、
子供がおしゃぶりを使い続けると、
中耳炎を繰り返すようになってしまうという。

おしゃぶりを強く吸っていると、
耳管という耳と鼻を繋ぐ管があるが、
そこの通気が悪くなる。

そうなるとバイ菌が中耳の方に行きやすくなり、
中耳炎を何回も繰り返すようになる。

おしゃぶりをあげると、
赤ちゃんは泣き止む事が多い。

しかし、
悪影響も与えるので、
母親は楽をせずに、
本当にどうしようも無くなった時のみ、
おしゃぶりは使用した方が良い。

レビュー

おしゃぶりが中耳炎、
つまりは耳の病気に関係してくるとはまた、
意外な情報ではありますね。

子供というのは、
とかく中耳炎にかかりやすい。

中耳炎自体、
その子供の将来に悪影響を与えたり、
命を脅かすものではないですが、
その為の医療費、
及び通院にかかる時間を考えると、
当然かかって欲しくはないもの。

そういった意味で、
おしゃぶりの卒業は、
早めに済ませておいた方が良いでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ