ジョブチューン|朝 果物だけを食べるダイエットは逆に太ってしまう

※ジョブチューン 2014年6月14日放送分より

今回は、
衝撃の医師・医者ぶっちゃけスペシャル。

日本の名医達によって、
病気に関する常識がくつがえされる。

朝 果物だけを食べるダイエットは
逆に太ってしまう

ダイエット外来専門医の島野雄実は、
やめた方が良いダイエット方法を明かす。

島野雄実によると、
朝に果物だけを食べるダイエットは、
やめた方が良いという。

理由は、
ダイエットと逆に太ってしまうからである。

果物というのは、
分かりやすく簡単に言えば、
野菜の砂糖漬けである。

だから、
一気に朝に果物が入ると、
血糖値がグンと上がってしまう。

その場で使い切る文は、
確かに代謝はするが、
血糖値が上がり過ぎると、
残った分・使えない分が、
全部脂肪に変わってしまう。

つまり、
脂肪がつきやすくなってしまうのである。

そして、
痩せる為の理想的な朝食というのは、
昔ながらの、
日本人の食事が一番良いという。

日本人の朝食は、
大事な4つの栄養素である、
炭水化物・タンパク質・繊維・水分など、
バランス良く摂れるようになっている。

ちなみに朝食を抜くと、
体が飢餓状態になり、
吸収率が上がり太りやすい体になるので、
朝食はきちんと食べた方が良い。

レビュー

こちらのダイエット方法、
正確には「朝フルーツダイエット」というらしいですね。

消化の吸収を助けたり、
毒素排出や新陳代謝を促進する「酵素」を含む、
果物を食べて、
健康的に痩せようというのが謳い文句のようです。

朝食べる分には、
いくら糖質が高くとも、
夜までには消費されてしまうと思うので、
個人的には支障ないとは思うのですが、
血糖値を上げてしまうのは、
いささか問題かもしれません。

ですから、
このダイエット方法を実行する場合は、
なるべく糖質の少ない果物、
ラズベリーやあんず、イチゴ等が、
適切かもしれません。

また現在はフルーツグラノーラのように、
果物を含んで、
朝食として栄養バランスの考えられた食べ物・商品も、
販売されているので、
そちらを試してみるのも良いかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ