ジョブチューン|カルシウムが多い食材

※ジョブチューン 2014年6月14日放送分より

今回は、
衝撃の医師・医者ぶっちゃけスペシャル。

日本の名医達によって、
病気に関する常識がくつがえされる。

カルシウムが多い食材

整形外科医の北村大也によると、
煮干し等の、
魚のカルシウムは、
吸収が悪いと言われているという。

豆腐など、
大豆製品は意外とカルシウムが豊富なので、
オススメである。

ちなみに、
木綿豆腐半丁で牛乳約160mlである。

また、
小松菜・チンゲンサイといった野菜も、
野菜でありながらカルシウムが豊富なので、
オススメである。

更には海藻類にもカルシウムが豊富に含まれている。

レビュー

牛乳に並んで、
カルシウムの摂取出来る食材の代表である、
煮干しですが、
吸収率が悪いというのは意外な情報。

また、
野菜とカルシウムは、
無縁のように思われますが、
その野菜にも、
カルシウムが含まれているどころか、
カルシウムを摂取するのに、
効果的な食材というのは驚きです。

これなら、
牛乳嫌い・煮干し嫌いだとしても、
カルシウムを効果的に摂取出来ますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ