相葉マナブ|名店のプロのレシプを学ぶ・究極のハンバーグ作り

※相葉マナブ 2014年6月22日放送分より

日本人が大好きなおかず「ハンバーグ」。

一般的に、
牛すね肉・豚もも肉を7:3や8:2の割合で、
合挽きにして、
玉ねぎや卵、
パン粉などと混ぜ、
そして形を整えて焼いてからソースをかけたモノが定番

しかし、
他にも家庭やお店で作られているハンバーグには、
色々な種類のモノがある。

今回のテーマは、
究極のハンバーグ作り。

名店のハンバーグを参考に究極を目指す。

名店のプロのレシプを学ぶ

肉の部位にこだわるお店、
Tsukiji Kitchen」。

牛・豚共に、
肩ロースのみを使用したハンバーグ。

肩ロースを使う事で、
濃厚な味を味わえる。

ソースはほんのり酸味の効いた、
デミグラスソース。

ハンバーグというと、
肉の塊のイメージがあるが、
肉の配合と部位で、
複雑な味が変わってくる。

ソースと豚肉にこだわりがあるお店、
つばめグリル」。

牛肉は厳選した黒毛和牛を使い、
豚肉には餌にきなこを与えて育てた、
肉質が上質なきなこ豚を使用。

きなこ豚のジューシーな、
おいしい脂の甘味が特徴的。

そしてソースの代わりに、
ビーフシチューをかけ、
アルミホイルで味を閉じ込め蒸し焼きにする。

とっても贅沢なハンバーグがあるお店、
ミート矢澤」。

豚肉は使わず、
A5ランクの黒毛和牛を100%使用。

霜降りの部位を赤身と絶妙な割合で、
混ぜ合わせる事で、
溢れ出るほどに肉汁が多いのが特徴的。

今回は、
紹介された3つの名店の、
良い所を合わせ究極の味を追求する。

「Tsukiji Kitchen」のような、
濃厚な肉の味と食感。

「つばめグリル」のような、
肉との相性抜群のソース。

「ミート矢澤」のような、
たっぷりの肉汁。

そんな夢の様なハンバーグを目指す。

続きは「肉の選び方」の記事に掲載。

レビュー

どちらのお店も、
高級な肉を使用していたりするのですが、
とは言え、
目ん玉をひんむく程の、
高価・高額な値段・価格でもないのですね。

ハンバーグ好きの自分としては、
真似して作ってみたいというよりも、
実際に食べてみたいメニューです。

機会あれば是非訪れてみたいですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ