ミになる図書館|グラビア撮影で起こった衝撃のギャラ0円話

※中居正広のミになる図書館 2014年6月17日放送分より

今回は、
いろんな職業のお金にまつわる話を勝手に集めて、
号外スクープを作っちゃいましたスペシャル。

グラビア撮影で起こった衝撃のギャラ0円話

元日本テレビで、
フリーアナウンサー脊山麻理子は、
2014年にグラビア撮影デビューした。

きっかけ・グラビアデビューした理由は、
元局アナがグラビアをやったら面白いという、
それだけのものであった。

そして、
雑誌のグラビア撮影というのは、
ほぼノーギャラ・無料・タダ同然だという。

但し、
雑誌にもより、
これから売り出す為のアイドルを、
広告のように扱う時は、
広告費とギャラ・報酬を相殺し、
無料同然になってしまう。

ちなみに「FLASH」のグラビア撮影において、
1回のギャラ・報酬は5~9万円程であるという。
(撮影内容によって変わる)

頑張ってくれたら、
50~90万円になるケースもある。

レビュー

グラビアアイドルの撮影も、
他のビジネスと同じく、
かなり柔軟に対応している様ですね。

グラビアアイドルを売り出したい芸能事務所と、
誰でも良いから、
それなりのアイドルを雑誌の冒頭に飾りたいという、
出版社側の思惑が重なれば、
ノーギャラで撮影される事もあるという事ですね。

その時はお金にならなくとも、
芸能界は名前で売る商売。

そこで名前を売る事で次なる仕事を、
見つける可能性がある訳ですからね。

まさにWin-Winの関係が築けていると言えますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ