ミになる図書館|結婚してすぐに財産話しなければ大損する

※中居正広のミになる図書館 2014年6月17日放送分より

今回は、
いろんな職業のお金にまつわる話を勝手に集めて、
号外スクープを作っちゃいましたスペシャル。

結婚してすぐに財産話しなければ大損する

離婚の慰謝料問題など、
日々高額なお金のトラブルを扱う、
美人弁護士・大渕愛子によると、
結婚してすぐに財産話をしないと、
大損するという。

財産分与というのは、
離婚する際に、
夫婦が結婚生活で築き上げた財産を精算し、
それぞれの個人財産に分ける事を言う。

この財産分与の対策として、
大渕愛子は結婚後すぐに、
共有財産の範囲を定めておいた方が良いという。

話し合った上で双方合意の上であれば、
財産分与はする必要はない。

例えば結婚した時に、
月に30万円ずつが共有財産としておけば、
離婚時はその積み立てた金額が共有財産となり、
それ以上を分割する必要はないのである。

但し、
財産が混ざってしまっては、
意味がないので、
結婚後も預金・貯金口座は分けるなど、
財産を分けておけば良いのである。

ちなみに、
結婚する前に共有財産にするのが嫌で、
住宅を購入するのであれば、
一括で現金で払ってしまった方が良い。

理由はローンを組んでしまうと、
ローンの支払額は、
共有財産に含まれてしまうからである。

レビュー

こちらの情報は、
言うは易く行うは難しといった情報でしょう。

何故なら結婚する際に、
離婚の事を考えている人は少ないからです。

いざ、
このような共有財産の話をしようとしても、
相手から、
「離婚する事はない」
「離婚が視野にあるなら結婚しない」
と怒られてしまうのが関の山ですからね。

非常に合理的で為になる情報ではあるのですが、
実践的か否かと言われれば、
なかなか難しいかと思われます。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ