世界一受けたい授業|走る動きの描写!ジブリ作品の面白さの秘密!

※世界一受けたい授業 2013年11月9日放送分より

今回は世界に誇れるNIPPONスペシャル。

世界に誇れる日本のジブリ
ジブリ作品面白さのヒミツ!

日本が誇る「アニメ」の特別授業。

今回の講師、
スタジオジブリプロデューサー・鈴木敏夫先生が、
観客を引きつけるジブリ作品の面白さの秘密について語る。

前回は「歩く動き」の記事に記載。

人物の細かい動き 走る動き

ジブリのアニメーションのこだわりの一つに、
「歩く動き」がある。

また、
歩く動きだけではなく、
走る動き」にもジブリならではのこだわりがある。

通常のアニメでは、
同じ速さでまっすぐ走るが、
スタジオジブリが描くと、
ジグザグした動きになる。

この直線的でない曲がりくねった動きが、
作品にいきいきとしたリアリティを与えている

中でも宮崎作品によく出てくる特徴的なシーンが、
転ぶシーン」である。

とにかく宮崎作品では、
キャラクター達がよく転び、
番組調べでは10作品で63回も転ぶシーンが登場

転ばせる事で、
キャラクターをより人間らしくみせる事が、
宮崎マジックの一つなのである。

続きは「ジブリ作品のヒロイン」の記事に記載。

レビュー

ジブリ作品をよく見ている人なら、
分かるかと思いますが、
確かにジブリのキャラクター達は、
よく転びますね。

実際問題、
リアルな世界で、
そこまで転ぶ人はいないと思いますが、
転ぶ事こそ、
リアルな世界の人間が取る行動と言えます。

アニメーションの世界で、
人物が意味もなくこけたりはしませんからね。

その点では、
ロボットより正確かと思います。

だからこそ、
実写の人間らしくする為に、
沢山転ばせているのかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ