林修先生の今でしょ講座|古来に蓮根(レンコン)はどのように扱われていた?いつごろから食べられるようになった?

※林修の今でしょ講座 2014年6月10日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「野菜」。

野菜のプロ・スペシャリストが、
野菜を賢く選び、賢く食べて、
体の悩みを解消する情報を教えてくれる。

いかにして野菜は進化を遂げたのか
野菜の歴史雑学

江戸解析近茶流宗家で、
東京農業大学客員教授の、
柳原一成先生が、
明日話したくなる野菜の歴史雑学を紹介。

古来に蓮根(レンコン)はどのように扱われていた?

レンコンは昔の日本では、
あまり食べられていなかった。

レンコンが伝来してすぐ後に、
日本では仏教が盛んになった。

奈良の大仏は、
蓮(ハス)の上に鎮座しており、
ハスは神聖なものとされ、
かつて観賞用だったのである。

蓮根(レンコン)はいつごろから食べられるようになった?

レンコンが、
日本で食用として、
多く食べられるようになったのは、
江戸時代からである。

日本に初めて外国からきたとされるレンコンは、
今では食物繊維が一般の倍以上という、
「ひかりれんこん」なるものも出ている。

レビュー

仏教が盛んだった時に関しては、
蓮は神聖なモノとされていたので、
恐らく食用にするという発想は、
罰当たり的で無かったのかもしれませんね。

そう考えると、
日本で最古に伝わり、
初めに食用として採用されたのは、
後の記事に記載した里芋(サトイモ)なのかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

2 Responses to “林修先生の今でしょ講座|古来に蓮根(レンコン)はどのように扱われていた?いつごろから食べられるようになった?”

  1. cheap albuterol より:

    cheap albuterol

    林修先生の今でしょ講座|古来に蓮根(レンコン)はどのように扱われていた?いつごろから食べられるようになった? | 日刊てれじろう

  2. how long does cialis last

    林修先生の今でしょ講座|古来に蓮根(レンコン)はどのように扱われていた?いつごろから食べられるようになった? | 日刊てれじろう

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ