林修先生の今でしょ講座|家庭で真似できる野菜(白菜・ジャガイモ・枝豆・キャベツ)の保存法・一緒に保存すると腐る野菜

※林修の今でしょ講座 2014年6月10日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「野菜」。

野菜のプロ・スペシャリストが、
野菜を賢く選び、賢く食べて、
体の悩みを解消する情報を教えてくれる。

野菜の賢い食べ方を教えてくれるのは、
肥満などに悩む人々の脂肪を10トン以上落とした、
管理栄養士の岸村康代先生

家庭で真似できる野菜の保存法

白菜の良い保存法

白菜は立てて保存した方が良い。

野菜は育てられている時と、
同じ状態にすると、
鮮度が保たれる事がある。

ジャガイモの芽が発芽しにくい保存法

ジャガイモは、
リンゴと一緒に保存しておくと、
芽が発芽しにくい。

これは、
リンゴから出る、
エチレンガスが、
ジャガイモの発芽を止める働きをするからである。

枝豆の正しい保存法

枝豆の正しい保存法は、
冷凍して保存である。

枝豆は、
収穫した後も呼吸しているので、
糖分がどんどん失われている。

なので、
茹でてから冷凍すると、
美味しい状態で保存出来る。

一緒に保存すると腐る野菜

キャベツとトマトは、
一緒に保存すると腐りやすい。

トマトは野菜を腐りやすくさせる、
エチレンガスを多く出す。

中でもキャベツはその影響を受けやすい。

レビュー

エチレンガスは果実・野菜を、
成熟させる物質ではありますが、
一方(キャベツ)では腐らせ、
もう一方(ジャガイモ)では、
発芽を抑えてくれると、
なんとも不思議な物質ではあります。

なので、
上手くエチレンガスを放つ、
果物・野菜をコントロールすれば、
野菜の鮮度を保ち、
良好な保存が出来るという事になりますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ