林修先生の今でしょ講座|野菜はやっぱり生で食べるのが一番良い?温野菜が良いというのは?

※林修の今でしょ講座 2014年6月10日放送分より

この番組は普段教える立場の林修が、
普段知らない世界の事を、
その道のプロから学ぶ番組である。

今回のテーマは「野菜」。

野菜のプロ・スペシャリストが、
野菜を賢く選び、賢く食べて、
体の悩みを解消する情報を教えてくれる。

野菜の賢い食べ方を教えてくれるのは、
肥満などに悩む人々の脂肪を10トン以上落とした、
管理栄養士の岸村康代先生

野菜はやっぱり生で食べるのが一番良い?

野菜はやはり、
生で食べるのが一番良い食べ方なのだろうか。

とれたての野菜であれば、
シンプルな調理が一番美味しいし、
余分な調味料による、
カロリーもカット出来るので、
体に良い部分もある。

またイモ類の調理に関して言えば、
イモ類は皮のまま茹でた方が、
ビタミンCが壊れにくいと言われている。

温野菜が良いというのは?

野菜というのは、
生で食べた方が栄養吸収が効果的なものと、
加熱して食べた方が効果的なものがある。

例えば、
キャベツに含まれる胃腸を健康に保つビタミンU(キャベジン)は、
生で食べた方がメリットを得やすいと言われている。

逆に、
加熱する事で野菜のかさが減り、
たくさん食べられるので、
食物繊維が大量に摂れるというメリットがある。

レビュー

一般的に、
野菜は加熱をはじめ、
加工してしまうと、
栄養素を失うと言われがち。

しかしそれは先入観であって、
むしろ加工する事で、
吸収率が高くなる野菜は沢山存在するのです。

ですから、
野菜の栄養で健康を管理したい方にあっては、
きちんとどのような野菜が、
どのように調理するのがベストなのか、
きちんと勉強し、
把握した方が良いかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ